トップページ > 新着情報 > 加東消防署の記事一覧 > 危険物火災を想定した事業所との合同訓練を実施しました

危険物火災を想定した事業所との合同訓練を実施しました

加東消防署

 令和元年6月4日(火)に築野食品工業株式会社ヤシロ工場において、同社及び加東消防署消防隊による危険物火災対応の合同訓練を実施しました。

 この訓練は、毎年、危険物安全週間中の取組として、事業所に自主保安体制の確立と、危険物の安全な取扱いの呼び掛けを目的に実施しています。

 今回の訓練では、屋外タンク貯蔵所からの出火を想定し、従業員による通報、避難誘導及び初期消火訓練を実施するとともに、加東消防署の消防隊による屈折式はしご車からの高所泡放射を実施しました。

 また、訓練終了後には、有事の際に迅速・的確な活動ができるよう工場施設や敷地内の水利の状況等を確認しました。

屈折はしご車の高所泡放射

屈折はしご車の高所泡放射

 

小隊長が消火活動内容を隊員らに指示

小隊長が消火活動内容を隊員らに指示

 

工場従業員による屋外消火栓設備を使った初期消火

工場従業員による屋外消火栓設備を使った初期消火

 

工場長の説明を聞き入る消防署員

工場長の説明を聞き入る消防署員

上に戻る