トップページ > 新着情報 > 加東消防署の記事一覧 > 危険物火災対応合同訓練を実施しました

危険物火災対応合同訓練を実施しました

加東消防署

 危険物安全週間(平成30年6月3日~6月9日)に先立ち、5月21日(月)、22日(火)の両日に、藤井電工株式会社本社・滝野工場及び社工場で、危険物火災対応合同訓練を実施すると共に、危険物施設の特別査察を実施しました。

 訓練は、震度5以上の大地震が発生し、その影響で工場の各所から出火、危険物施設に延焼しているとの想定で、事業所による避難、消火及び負傷者救出訓練が実施され、また、加東消防署化学消防ポンプ車による泡放水訓練を実施しました。

 本番さながらに行われた訓練では、従業員の方々のきびきびとした行動に、同社の日頃からの安全への取組みと、高い危機管理意識を確認することができました。

 また、特別査察では、法令で定められた技術基準への適合状況を確認し、改めて、危険物の適切な貯蔵・取扱いと、事故防止への取組みの徹底を要請しました。

 加東消防署では、危険物安全週間に限らず、今後も危険物の保安に対する知識の高揚と啓発を推進し、地域の安全、安心の向上に努めます。

消防班による可搬ポンプを使用した消火訓練

消防班による可搬ポンプを使用した消火訓練

 

従業員による負傷者救出訓練

従業員による負傷者救出訓練

 

加東消防署化学消防ポンプ車による泡放水訓練

加東消防署化学消防ポンプ車による泡放水訓練

 

クロスファイヤー放水銃による放水訓練

クロスファイヤー放水銃による放水訓練

 

危険物施設特別査察の状況

危険物施設特別査察の状況

上に戻る