トップページ > 新着情報 > 西脇消防署の記事一覧 > 令和元年度文化財防火デーに伴う消防訓練を実施しました

令和元年度文化財防火デーに伴う消防訓練を実施しました

西脇消防署

 西脇消防署では、「第66回文化財防火デー」を前に、1月23日(木)に西仙寺(西脇市西田町)で消防訓練を実施しました。

 「文化財防火デー」は昭和24年1月26日、法隆寺金堂の壁画が焼損したことが契機になっており、毎年この日を中心として、全国一斉に文化財防火運動を展開しています。

 この訓練は、管内の貴重な文化財を災害から保護することや文化財愛護に関する意識の高揚を図ることを目的として、毎年実施しています。

 今年度、消防訓練を実施した西仙寺は西暦651年に開山され、500年以上前の建材が残る本堂や熊野権現社本殿が兵庫県指定文化財となっています。

 訓練は、本堂からの出火を想定して行われ、関係者による通報訓練、初期消火訓練、消防隊による放水訓練等を実施し、文化財保護と防火に対する認識を再確認することができました。

 また、訓練終了後は、関係者から文化財の説明を受け、文化財保護への意識が高まるとともに、相互協力体制の確認を図ることができました。

 今後も訓練を継続し、先人の残した尊い財産である建造物や仏像など、重要な文化遺産を災害から守り、後世に伝えていきます。

 

初期消火訓練

初期消火訓練

 

消防隊による放水訓練

消防隊による放水訓練

 

講評

講評

 

文化財の説明

文化財の説明

 

上に戻る