トップページ > 新着情報 > 西脇消防署の記事一覧 > 平成27年度北播磨救急連絡部会「救急活動研修会」を開催しました

平成27年度北播磨救急連絡部会「救急活動研修会」を開催しました

西脇消防署

 平成28年2月22日(月)、西脇市立西脇病院において平成27年度北播磨救急連絡部会「救急活動研修会」を開催しました。

 北播磨救急連絡部会は、北播磨地域の7医療機関及び3消防本部並びに北播磨県民局加東健康福祉事務所で構成され、年々多様化する救急需要に対し、各構成機関が協力体制を組み救命率向上を目的に事業を展開しています。

 この研修会は、講演会、救急活動事例発表の二部構成となっており、前半の講演会では西脇市立西脇病院内科医長の来住稔医師に「低血糖について」と題して講演していただきました。救急救命士の処置が拡大されることに伴い、当地域でも平成28年4月より講習を修了した救急救命士による、血糖値の測定及び低血糖発作症例へのブドウ糖溶液の投与が実施できるようになることから、大変参考となる講演でありました。また、後半は大山病院の看護師や各消防本部の救急救命士からの救急活動事例発表が行われ、各活動事例に対して活発な意見交換が行なわれました。

 参加者は、この救急活動研修会を通して、新たな知識の吸収に加え救急活動に関する共通認識を持つことができ、今後の救急活動において大変意義のある研修会となりました。

来住医師による講演会

来住医師による講演会

 

多可消防署松原救命士による症例発表

多可消防署松原救命士による症例発表

上に戻る