トップページ > 新着情報 > 西脇消防署の記事一覧 > 山岳救助訓練を実施しました

山岳救助訓練を実施しました

西脇消防署

 西脇消防署では、平成29年3月16日(木)に西脇市高田井町の矢筈山において、山岳救助訓練を実施しました。

 この訓練は、山の急斜面や足場の悪い危険な場所で、誤って滑落した傷病者を限られた資器材を使用し救出した後、頂上から麓まで長距離搬送するなど、実現場を想定し実施しました。

 また、「平成29年全国山火事予防運動」に因んで山中における山の危険箇所や迷いそうな箇所などの確認を行い、春を迎えて入山者が増加するシーズンに登山者の遭難防止、山火事予防などの啓発活動も目的の一つとして実施しました。

 自然豊かな山々で登山を安全・快適に楽しんでいただく為にも、余裕を持った計画を立て、十分な装備を整えるように心掛けてください。

 くれぐれも山の事故や火事には十分気をつけましょう。

必要な山岳救助資器材を手分けして搬送する隊員

必要な山岳救助資器材を手分けして搬送する隊員

 

滑落した要救助者を救出するため、早期に進入し安全確保を行う隊員

滑落した要救助者を救出するため、早期に進入し安全確保を行う隊員

 

滑落した要救助者を登山道まで救出する隊員

滑落した要救助者を登山道まで救出する隊員

 

山の頂上から麓まで要救助者を搬送する隊員

山の頂上から麓まで要救助者を搬送する隊員

上に戻る