トップページ > 災害に備えて > 火事のときは

火事のときは

災害に備えて

火事だと叫ぶイラスト とにかく、大きな声を出して、まわりに知らせましょう。知らせるのが遅れると、逃げ遅れが出る可能性もあります。周囲の助けを借りましょう。通報や消火活動が同時にできます。ひとりではパニックになりやすいですが、協力者がいれば適切な判断が期待できます。

119番に通報する

■あわてず落ち着いて

 火事のときは誰でもあわててしまいますが、通報するときにあわてていると、通報内容が聞きとれなかったり、聞きづらかったりして、かえって時間がかかる場合があります。

 こちらから必要なことを質問しますので、できるだけ冷静に答えてください。


■地名地番はできるだけ正確に

119番通報イラスト

 目標になる建物などもあれば教えてください。地名地番があやふやだと現場の特定に時間がかかり、消防隊の到着が遅れるおそれがあります。

初期消火

 初期消火は天井に火が届くまでが目安です。天井まで火が届くと消火器などでは消火が難しくなります。決して無理をせず、危険を感じたら、すぐに避難してください。消火器の使い方については、「消火器の使い方」をご覧ください。

消火できなければすぐに避難を!

  • 危険を感じたらすぐに避難します。タイミングを逃がすと、命にかかわります。・寝室は2方向以上の避難口を確保しておき、高齢者・子供などの災害弱者は、早めに避難を。
  • できるだけ早く家の外へ出ましょう。一度避難したら、絶対に家の中へ戻らないでください。

■煙に注意!

  • 火災時に発生するガスは有毒です。煙の性質を知り、一刻も早く煙から逃れることが大切です。
  • 濡れたハンカチやタオルを鼻と口にあて、呼吸は鼻から吸って口から吐く。
  • 避難するときは低い姿勢で
  • 部屋のドアは閉めて逃げる。煙は出入口から拡がり、階段などから縦方向に一気に拡がります。

上に戻る